医師が加入すべき保険の内容

医師と医療ミスに関して

予備校

保険未加入の医師は高リスク

医療ミスに関して、「自分は大丈夫」、「病院が何とかしてくれる」と思っていませんか。実際、医師賠償責任保険に未加入の勤務医は、依然多いのが現状です。勤務医が共同被告となるケースは10年前より増加し、現在では約50%となっています。そのため、勤務医でも医療訴訟で訴えられるケースが増えています。その理由が、医師個人の責任を追及して、真相を突き止めたいと考える患者や家族の方が増えたからです。もう一つの理由が、病院の経営悪化です。実際に、訴訟中に経営破たんするケースもある事から、原告側が勝訴した際には確実に賠償金を得るため、病院と医師を連名で訴えます。このように、共同被告となってしまうと、多額の賠償金を払わなければならない事態に陥る可能性があります。そのため、保険に未加入の場合には、大変リスクが高いという事になります。自分は大丈夫、誰かが助けてくれる、と楽観的に考えずに保険の加入について今一度確認しておくのが良いかもしれません。

医療に関する保険のご紹介

医師を続けて行くにあたって、慎重な治療を行うのは当然の事です。しかし、不幸な要因が重なり医療事故が起こる事は十分考えられます。そんなときに、自ら加入している賠償保険で損害賠償をカバーする事が出来ます。もしもの事故に備えて、医師側が個人でもしもに備えておく事が好ましいと言われています。では、どんな内容でどこまで保険でカバーされるのかが重要です。カバー範囲は比較的広く、国内の医療活動全般にわたって対応出来る場合がほとんどです。ただし、国内での活動を保障するもので海外での活動は保障されない場合がほとんどです。また、医師のミスではなく監督義務の生じる看護師や自らの指導下でのミスも保障される保険です。もちろん、和解などの場合も条件さえ満たされていれば適応されますのでご安心ください。ただし、見舞金など加害者側が感情の緩和の為に支払われた場合等、保障行為とは離れている金額については補償対象の限りではありません。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と患者の関係とは. All rights reserved.