医師会の活動内容とは

医師会とはなにか

予備校

医師会は医師の全国組織

公益社団法人日本医師会は会員数約16万6千人の、医師の全国組織で、民間の学術専門団体です。1616年に北里柴三郎博士などによって設立された医師組織が母体となっています。個人単位、任意加入が原則で、それぞれ独立した47都道府県の医師会で構成されています。医学の進歩や公衆衛生の向上に貢献し、医学教育の充実や医師の生涯教育の実践などを行っています。さらに、地域医療の発達や安定を担うことや、災害時の医師の派遣など、幅広く活動しています。

医師会に加入している医師

医師会とは市や県を中心に組織されている医者の組織です。所属している医師は六割程と半数にのぼり、主に開業医の医師が加入しています。大きな組織ですので、属していると信用は大きく、特に個人で病院を営むには重要です。加入している医師は主に、親睦会や、日曜日や祝日などの当直当番があり、属している病院や医師はそれを順番で担当しています。一方で、そういった必要のない勤務医には医師会に加入している人は少ない傾向にあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と患者の関係とは. All rights reserved.