小児科の問題を知ろう

小児科の取り組み

予備校

小児科の現状について

小児科の現状は決して楽観視出来るものではないです。様々な取り組みによって多くの地域で安定的に医療を受ける事が出来るようになっています。一方、地域によってはその科の医師が不足していて苦しい現状です。勤務医、開業医に関係なくこの小児科では突発的な出来事が起きやすいです。また、子供とコミュニケーションを取る事に苦戦し、心身を疲弊させ、休職、退職を選択する医師が少なくないです。苦しい状況は十分に改善されていないです。

小児科医療の現状とは

少子高齢化、それだけに小児科医師はより高度な医療を求められている現状があります。採算が合わないような診療科ととらえられ診療科をなくす病院もある中、一部にその負担が偏っています。医師は子どものみならず、子どもを取り囲む家族をも丸ごと対象とし、信頼される存在でなくてはなりません。一見大変さだけが取り上げられますが、子どもたちには将来も未来もあります。かかわった子どもたちが、成長しその世界を広げる、著しい成長を遂げる子どもたちの底力を感じる小児科というこの医療の現状は、人としての原点に戻れる瞬間です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と患者の関係とは. All rights reserved.