開業医師に必要な知識

開業医師は忙しい

予備校

開業医師の仕事について

開業医師は本来の業務である診療だけではなくレントゲンの撮影に始まり、医薬品や医療機器の購入、看護師を募集したりと様々な仕事があり、とても忙しい仕事です。患者の症状によって精密検査や手術が必要になる事がありますが、小さい病院では設備がなく難しいのが現状です。そのため、大学病院などに紹介状を書く仕事もあります。大学病院などでは内科や外科など、診察分野が各科に分かれ専門医が治療を行うので、専門分野以外の知識はあまり必要とされませんが、開業医師は、どんな症状の患者が来るかはわからないので、幅広い知識が必要です。

医師の開業準備について

もともと親族が開業医師でその施設を継ぐ場合は、なんら不自由のない開業医への転向。ただし、個人医院を新たに創立するとなると話は変わります。地域での認知度や信頼度は一朝一夕で培われるものではありません。勤務医の時と異なり、設備投資や人件費に見合った経営も行います。確実な医療技術やコミュニケーション能力だけでは足りません。現在、一部の製薬会社などでは希望する医師へ、全般的なサポートを一手に引き受けてくれるところがあります。専門家の知恵や力を有効に使い、地域ドクターとしての一歩を踏み出すことができるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師と患者の関係とは. All rights reserved.